対物補償無制限のススメ

 

 

 

対人・対物補償は自動車保険の基本的な補償ですが、高額傾向にある対人と同じように対物も無制限にするのがおすすめです。
その理由は制限有りの場合と無しでは、一定の補償額を超えると、保険料があまり変わらなくなるのです。
対物補償の基本として少額のケースは保険金請求の頻度も高いので、その分だけ保険料も高くなります。
しかし、高額の補償に関しての事故は少数派と言えます。
つまり、事故頻度が少ないことが保険料にも反映されているのです。
また、対人補償を制限無しにするメリットとしては保険会社の示談交渉にもあります。
例えば1000万円で補償額を設定すると、それ以上の賠償額が生じた場合は保険会社は示談交渉を打ち切ることがあるのです。
保険会社の責任範囲は補償額の範囲内です。
それ以上の額になると手に負えなくなるのが実際なのです。
高級車との事故はもちろん、精密機械などを運搬しているトラックや貴金属など高額の商品を扱っているクルマとの事故は高額な補償が必要となることがあります。
先の1000万円の補償額を超えるものについては自己負担になりかねません
保険料のわずかの差を削ったために大きな代償を払うことになり、その点を避ける意味でも対人補償も制限無しがおすすめなのです。

 

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら