補償される人、されない人

 

 

 

一般的に自動車保険は、加入している車を誰が運転しても保障の対象になる、としています。ただしこの場合は保険料が高額になるので運転者を限定する、年齢条件を加える、等として安価にする方法があります。

 

限定なしの場合は、たとえ他人がその車を運転していたかを問わず事故が発生した時には補償が受けられます。家族限定ありであれば、運転者を限定するのですが、その「定義」を確認することが必要です。すなわち記名保険者・記名被保険者の配偶者・記名被保険者またはその配偶者と同居の親族・記名被保険者またはその配偶者の住居を共にしない未婚の子供、となります。「別居の未婚の子供」とは一人暮らしの学生や独身者が該当します。しかしその定義は各保険会社で統一していません。「記名保険者と生計を共にする」とは親が子供に仕送りをしている状態、「過去に婚姻を結んでいない」とは一度でも結婚経験があれば該当しない、などです。

 

年齢条件の区分は5つあります。全年齢担保は18歳以上全てを補償、21歳以上担保は21歳未満は補償なし、26歳以上担保は26歳未満は補償なし、30歳以上担保は30歳未満は補償なし、35歳以上担保は35歳未満は補償なし、ということになります。

 

年齢条件に合致しない運転者が起こした事故は補償対象となりません。ただし例外的に18歳の運転者が起こした事故でも保障される場合もあります。それは運転者が住居を共にしない未婚の子供である、30歳以上補償と家族限定なしを組み合わせていれば、会社の後輩・友人・知人等の他人は何歳でも補償されます。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら