自動車保険の基礎知識〜対物賠償保険

 

 

 

クルマに乗る時に必ず掛けることになる自賠責保険は人身事故に対しての保障で、高額な賠償に備えるのが対人賠償保険です。
しかし、これだけでは相手のクルマへの損害や建物などに損害を与えた時には保障は出ません。
この対人賠償保険とセットで加入するのが対物賠償保険です。
対物賠償の考え方には二つの損害を想定する必要があります。
一つは直接的な損害です。
相手のクルマや店舗などの建物の修理代が直接的な損害にあたります。
クルマであれば損害に対しての修理代、店舗であれば元通りに修理し開業できるまでの金額が含まれます。
これに対して間接的な損害があります。
相手が仕事でクルマを使っている場合、例えば宅配のトラックなどのケースでは休業補償も含まれます。
店舗なども同様で、修理・復旧するまでの休業補償も想定されます。
これらの額は事故の程度や過失割合によっても異なりますが、高額な賠償が想定されるので、補償額は無制限の設定がおすすめです。
また、踏切事故などの場合、電車を止めダイヤが乱れた場合は相当な補償も必要になるケースがあります。
対人と同様に対物賠償も様々な事故を想定した場合、必要不可欠なものであり、無制限で備えることがポイントになります。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら