対人賠償保険と自賠責保険

"

 

 

すべてに加入することが義務づけられているのが自賠責保険です。
自賠責保険はハンドルを握る方すべてが対象となる強制保険ですが、これに対して個々に加入が委ねられているのが任意保険こと自動車保険です。
両者の違いは先ず加入義務があるかどうかにあります。
自動車保険は任意であるため加入しなくてもハンドルを握ることはできますが、事故を起こした時の損害額の大きさを考えると任意保険の加入が欠かせません。
このうち自賠責保険と同じ対人補償の役割をもつのが対人賠償保険です。
事故賠償の傾向として、億単位の額になることも少なくありません。
しかし、自賠責保険の死亡時の最高補償金額は3000万円です。
億単位となる死亡事故では到底、賄いきれません。
そこで必要となるのが対人賠償の任意保険なのです。
また、強制保険では物損事故では補償が出ず、あくまでも人が対象です。
人と相手のクルマ・店舗など物損が絡む事故においては対物賠償保険も同時にかけておく必要があります。
自動車事故は自分のドライビング技術に自信があっても、巻き込まれるケースがあります。
事故による経済リスク最小限に留め、相手への金額面での補償を果たす意味でも任意保険は欠かせないのです。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら