補償の範囲

 

 

 

交通事故を起こすと、「直接損害」と「間接損害」が発生します。直接損害というのは、その事故によって生じた損害そのもののことを言います。例えば、相手の自動車や家の塀、ガードレールなどの修理費用、レッカー代、廃棄した商品などがあります。

 

それに対して、事故がなければ当然得られるはずであった利益や、事故によって失われてしまった将来の利益のことを間接損害と言います。例えば、バスやタクシーなどを破損された場合や、商店などを損壊された場合は休業を強いられることになり、修理代の他にも売上や従業員の給料など、様々な被害を受けることになります。対物賠償保険では、こうした休業損害などを含む逸失利益も補償範囲に入っています。

 

なお、補償の対象になるのは「他人」の財物であるため、自動車保険で「被保険者」としている記名被保険者や配偶者、同居の親族、別居している未婚の子どもの財物は補償範囲外となります。また、物損における損害賠償は時価額までとなっており、従って、修理代が50万円でも対象物の時価額が30万円なら、30万円を支払うことで賠償責任は果たしたことになります。

 

ちなみに、損害賠償はその物を修復したり、代替品を調達したりすることで達成するので、対人賠償であるような慰謝料を支払う必要はありません。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら