過失割合と保険金額

 

 

交通事故の損害賠償額を決定するための示談交渉においては、多くの場合は過失相殺に基づく話し合いが持たれます。信号待ちで停車中のところを後から追突された事故における被害者のような、過失0%の事故を除き、加害者・保険会社は過失相殺を主張します。

 

当事者はできるだけ穏当に示談で解決を図りたいものですが、当事者双方・保険会社それぞれの主張に隔たりがある場合には、裁判で決めることになります。

 

ところで事故が起きた時には警察に通報する義務があります。警察は現場で当事者の話を聞きながら、事故現場の見取り図・実況見分書・警察官調書を作成します。被害者に怪我が無いときや怪我の程度が軽い時には当事者らがその場で立ち会います。重傷で病院に搬送された時には後日病院で調書がとられます。事実関係に誤りが無ければ当事者らの署名・捺印がなされます。もし誤りがあっても後々認められないと主張しても無効になりますので、現場でパニックに陥っていたとしても冷静さが要求されます。

 

さて示談をすすめるため保険会社との話し合いで損害賠償額を決めるための過失相殺においても、警察の調書や当事者の話を聞いて過失割合を決めます。できれば過失相殺人的基準表について知っておくのも有効です。意地悪な見方をすれば加害者側の保険会社が保険金を少なく支払うように被害者の過失を主張する場合がありますので、自分の過失がどの程度なのかをこの認定基準表で把握する必要があるのです。

 

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら