直接損害

 

 

自動車を運転している時に事故になった場合、他人の財産となりえるものに損害を与えた場合は、損害賠償責任を負う必要が有ります。
この損害賠償責任は、自動車の保険でもある任意保険に加入をしていて、且つ対物賠償保険に加入している場合に限り保証を得ることが可能になります。

 

一般的に、自動車を所有する場合は、強制的に加入をする自賠責保険が有りますが、自賠責保険は対人に対する保障であることからも、公共物を壊してしまったり、店舗や家屋の一部を壊してしまった場合の保障は有りません。
そのため、対物に対する保障を得るために保険に加入をする必要があるのです。

 

尚、対物賠償と言うものには、直接損害と間接損害の2つが在ります。

 

直接損害は、事故による生じた損害そのものを意味しており、ガードレールなどの修理費用やレッカー費用などが直接損害に値します。

 

また、間接損害と言うのは、事故が起きなければ得られるはずだった利益、事故により失われた未来の利益などの事を意味しています。

 

尚、損害賠償における保障と言うのは、相手によりその補償範囲は変わります。
店舗を壊してしまった場合は、それを直すまでの期間営業が出来なくなりますので、この間の保障も含まれているのが特徴なのです。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら