自動車保険の基礎知識〜対人賠償保険

 

 

 

自動車保険は事故が起きたときに価値を発揮するサービスです。そして、保険の種類には幾つかありますが、その中で最も重要な意義があるのが対人賠償保険です。
賠償という名称がついていることからわかるように、そして対人とついていることからもわかるように、他人を死傷させたときに法律的に責任を負う必要がある部分に対して被害者にお金を支払うための保険です。
もう少し細かく説明しますと、自動車における保険には強制保険と任意保険があります。そして、強制保険には上限の金額が決まっていますので、それでは足りないときに使われるのが対人賠償保険です。
例えば、強制保険は怪我に対しては120万円までしか支払われませんので、仮に相手の怪我が完治するのに200万円かかったとしたなら残りの80万円が支払われることになります。
この保険は怪我の治療だけが対象ではありません。事故により怪我をして働けなくなったときの給料など収入を賠償することも含まれます。また、精神的に傷ついたことに対する慰謝料も含まれます。
契約の仕方は保険金額を決めるの基本で、5千万円とか1億円とか無制限などと決めます。この保険金は事故における総額ではなく「被害者ひとりに対する」金額です。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら

自動車保険の基礎知識〜対人賠償保険記事一覧

"すべてに加入することが義務づけられているのが自賠責保険です。自賠責保険はハンドルを握る方すべてが対象となる強制保険ですが、これに対して個々に加入が委ねられているのが任意保険こと自動車保険です。両者の違いは先ず加入義務があるかどうかにあります。自動車保険は任意であるため加入しなくてもハンドルを握るこ...

一般的に自動車保険は、加入している車を誰が運転しても保障の対象になる、としています。ただしこの場合は保険料が高額になるので運転者を限定する、年齢条件を加える、等として安価にする方法があります。限定なしの場合は、たとえ他人がその車を運転していたかを問わず事故が発生した時には補償が受けられます。家族限定...

交通事故の損害賠償額を決定するための示談交渉においては、多くの場合は過失相殺に基づく話し合いが持たれます。信号待ちで停車中のところを後から追突された事故における被害者のような、過失0%の事故を除き、加害者・保険会社は過失相殺を主張します。当事者はできるだけ穏当に示談で解決を図りたいものですが、当事者...

クルマに乗る時に必ず掛けることになる自賠責保険は人身事故に対しての保障で、高額な賠償に備えるのが対人賠償保険です。しかし、これだけでは相手のクルマへの損害や建物などに損害を与えた時には保障は出ません。この対人賠償保険とセットで加入するのが対物賠償保険です。対物賠償の考え方には二つの損害を想定する必要...

交通事故を起こすと、「直接損害」と「間接損害」が発生します。直接損害というのは、その事故によって生じた損害そのもののことを言います。例えば、相手の自動車や家の塀、ガードレールなどの修理費用、レッカー代、廃棄した商品などがあります。それに対して、事故がなければ当然得られるはずであった利益や、事故によっ...

自動車を運転している時に事故になった場合、他人の財産となりえるものに損害を与えた場合は、損害賠償責任を負う必要が有ります。この損害賠償責任は、自動車の保険でもある任意保険に加入をしていて、且つ対物賠償保険に加入している場合に限り保証を得ることが可能になります。一般的に、自動車を所有する場合は、強制的...

クルマの事故で相手のクルマや建物への損害に関しての補償が対物賠償保険ですが、実際の賠償には直接損害と間接損害の二つがあります。直接損害は相手のクルマや建物の修理代です。実質的な被害に対しての補償がこれにあたります。一方で間接損害は事故がなければ、当然得られていたであろう逸失利益です。店舗であれば休業...

我が国で物損の最も高額判例は、1994年7月19日の神戸地裁判決で、認容額は2億6153万円です。これは毛皮、着物、洋服等の積荷が主な損害で、商品として搬送中に事故にあったものです。この事故はトラック同士の追突事故で、追突されたトラックが反動で中央分離帯を超え、対向車線に飛び出し横転、炎上したもので...

対人・対物補償は自動車保険の基本的な補償ですが、高額傾向にある対人と同じように対物も無制限にするのがおすすめです。その理由は制限有りの場合と無しでは、一定の補償額を超えると、保険料があまり変わらなくなるのです。対物補償の基本として少額のケースは保険金請求の頻度も高いので、その分だけ保険料も高くなりま...