必要な補償を選ぶ

 

 

日本には生命保険会社や損害保険会社の医療サービスに対する保険は数多く存在しますが、ポピュラーな保障は病気やケガでホスピタルに入院した時に享受できる入院給付金保障と、オペをした時に享受できる手術給付金保障になり、この2パターンの保障をメインな契約としている医療保険が多いです。
また補償内容となる入院やオペはオフィシャル的な健康保険と同等ではなく、各々の保険サービスごとに定められていて、そのプランが約款に記載されています。
入院給付金と手術給付金の他のサービスも医療保険には存在していて、例えば女性特有の病気でホスピタルに入院した時は入院給付金日額が普通のタイプからプラスされるような保障、先進医療による治療サービスを受けた時は先進医療の技術料相当額を受け取れる保障、ガンに対する保障、死亡の保障等があります。これらの保障パターンは特約サービスであることが多く、必要に応じてオプションでプラスできるようになっています。
最近は、医療費が高額になることもある先進医療に適応したプランが増えてきています。ガンに対する保障は他にガン保険が存在していて、死亡の保障も他に終身保険サービスや定期保険サービスがあるので、これらのプランを絶対的に医療保険にプラスする必要はありません。追加できるオプションのパターンは医療保険によって変わってくるので、詳細は金融機関で確認すると良いでしょう。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら