必要性

 

 

 

レジャー中は予期せぬ事故もあり、相手に怪我を負わせる事態もあります。
スキーやスノーボードで滑走中に相手とぶつかってケガを負わせ、もし骨折などの重傷となった際に補償は大きな金額になります。
そんなレジャーの事故に対応する保険が自動車保険・火災保険に付帯されている日常賠償特約であり、国内旅行傷害保険です。
骨折を例に挙げると、相手が骨折で入院した場合、1ヵ月以上の入院となることがあります。
その間の入院・治療費と休業による収入減への補償が必要となります。
会社員であれば入院期間中の給与分の補償となり、自営業であれば得られたであろう逸失利益が補償の元になります。
これは骨折だけで済むケースですが、後遺症が残るケースも起きるかもしれません。
クルマの事故と同じで、障害の程度にもよりますが、数千万円という判例が出ることもあります。
そうした補償を収入から払い続けることはムリがあり、長続きもしません。
ゆえに保険の加入が重要となってくるのです。
レジャーは自然が相手であり、特にスキーやスノーボードはスピードが出るために事故が起きやすいものです。
保険に加入することは相手への十分な補償をカバーできるだけでなく、自分自身の補償の捻出で経済的破綻を防ぐことにもなります。

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら