選び方のポイント

 

 

 

登山やスキー・スノーボードなど自然を相手にするレジャー・スポーツは事故やケガもつきものです。
なかでも、スキーやスノーボードでは転倒で骨折などのケガを負うケースも少なくありません。
そんなスキー・スノーボードの事故やケガに備える保険では二つの視点があります。
先ずひとつ目は自分自身のケガへの備えです。
これには国内旅行傷害保険が役立ちます。
クレジットカードに付帯されている他、レジャー毎に保険料を支払う必要がありますが、数百円程度のわずかな掛け金で加入することができます。
また、旅行会社が加入の窓口になっていることもあり、確認することをおすすめします。
ただし、この国内旅行傷害保険で気をつけたい点は名前の通り、ケガには対応しても、病気にが補償が効かない点です。
海外旅行にかける保険とは補償内容も違うので選び方には注意が必要です。
二つ目の視点は相手へのケガの補償です。
ぶつかった際の過失割合も想定されますが、相手への賠償責任が発生します。
この賠償には自動車保険や火災保険に加入している方は特約をチェックしてみてください。
保険会社によって名称が異なるものの、日常生活賠償特約というものがあります。
これは日常生活のあらゆるトラブルを補償するもので、レジャー時の賠償にも活かせます。
用具の故障やトラブルに関しても、この日常生活賠償特約が活用でき、一度レジャーに行く前にどこまで補償されるのか確認することもポイントです。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら