スキー・スノーボードだけの補償で大丈夫?

 

 

 

スキー、スノーボードのシーズンになると多くの人がスキー、スノーボードをを楽しむと思います。魅力あるスキーやスノーボードというスポーツでもケガや事故、盗難そして他人への事故などスキー場にはトラブルはたくさんあります。
滑っている途中に転んでケガをしたり、スキーやスノーボードが盗まれたりすれば、ハッピーな気分が吹っ飛んでしまいます。
しかしこれらのこと以上に相手がいる加害事故の場合は非常に面倒で、交通事故と同じくさまざまなパターンがあるので一口には言えない点があります。
スキー、スノーボーダー同士の接触事故について以前の裁判では加害者の過失責任を認めるパターン、否定したパターンがあるようです。
例えば加害者が背後から衝突したパターンでは、一般的に衝突を避ける義務は後方からぶつかった加害者にあるため、加害者側に問題があると言えます。しかしぶつけられた被害者側が急に曲がった、ストップしたなどの場合、被害者にも過失が認定されて過失相殺されるパターンがあり、このような考え方を見てみると車同士の事故とある程度似たようなイメージは想像できると思います。
少なくても自分が加害者になって損害賠償を求められるようなケースになった時に、損害保険で処理できるようにしておくのがベターです。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら