注意点

 

 

 

スキーやスノーボードは季節性の高いレジャーで保険が適用される頻度も一般的な保険に比べると少ないため、保険料が安く済むというメリットがある反面、補償内容が手厚くない場合も多くあります。特に注意すべきなのは携行品に対する補償です。
ほとんどのスキー・スノーボード保険は、加入者本人のケガや他人に負わせてしまったケガを補償することを重視しています。しかし、レジャー時には携行品の破損や盗難、紛失、置き忘れの方が発生頻度の高いトラブルであると言えます。スキーやスノーボードの場合は板やストックなどの携行品をレンタルする人も非常に多く、このようなレンタル品を失くしてしまった場合に補償が受けられるのかどうかという点も保険加入時に確かめる必要があります。
レンタル業務を行っているほとんどの業者は、携行品を失くした場合に別途料金を徴収することを規則としています。スキー・スノーボード保険に携行品に対する補償が含まれている場合はこの料金を保険でカバーすることができますが、置き忘れなど加入者自身の不注意によって失くしてしまった携行品に対しては補償が適用されない保険もあります。まずは加入前に補償内容をしっかり確認し、不明な点は電話やメールなどで質問するようにしましょう。

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら