もし債務者が支払をしない場合

 

債務者が債務を期日にまで支払をしない場合は、債務者に支払いを求める通知書を出します。そしてそれでも返済がされないなら、債務者の住所を管轄する簡易裁判所に申し立てをして、裁判所から支払督促を送達してもらいます。その後の仮執行宣言を裁判所に出してもらい、債務者に強制執行を出来るようにします。

 

これに対して債務者から異議が有れば、通常訴訟に移行します。訴訟は費用がかかるから、話し合いで解決しそうなら民事調停を行えば訴訟よりも安く債務者と交渉できます。そして調停員を交えながら債務者と和解交渉をすることになります。

 

訴訟になった場合は、仮差押え命令申立てを裁判所に出して、債務者の財産を仮差押えしておけば、回収しようとした時に財産を隠蔽されることを防げます。そして裁判に勝った後に債権の回収がやりやすくなります。

 

裁判所から支払督促を出してもらい、相手から何も言って来なければ、そのまま強制執行で債権の回収になりますが、無い袖は振れぬの状態でしたら、回収は無理なわけでして、相手方の状態を見て強制執行をしても効果が期待できないなら、金利を減免して少額ずつでも返済させる方が、少しでも多く回収できることになります。