債権名義の種類と取得手続

 

借用書を書かせて個人相手にお金を貸して、借用書に書かれた返済期限を過ぎてもまったく返済されない場合は取り立てを考えることになります。
どのように取り立てるのかということですが、基本的には電話や郵便での催促ということになるでしょう。ただ、たとえば返済をする気はあるがお金がないので返せないと言われてしまった場合、貸した側はそれ以上のことが出来ません。相手の家の中に入って銀行の通帳を見たり、あるいは換金すれば債権の額以上になりそうなものがあるかを確認するということは難しいです。

 

では、どうすればいいのかというと、弁護士などに依頼して民事訴訟をしてみるという方法があります。民事訴訟を起こすと、相手の家に裁判所から、あなたは訴えられてこの日に裁判があるから出廷してほしいといった内容の書類が届きます。それが圧力となって、貸した金を返してもらえることがあります。

 

また、訴えた後も宛てから返済はなく、裁判になった場合、債権の存在を認めてもらう判決が出ると、債務名義というものを取得することが出来て、差し押さえを実行することが出来ます。もし、相手の銀行口座にお金が入っていた場合、口座を差し押さえて貸したお金を返してもらうことが可能です。