債権強化策:債務承認兼支払約束の覚書をとっておく

 

いくら売上をあげてもその代金が回収できないのでは全く意味がありません。
かといって、支払いが滞った時にいきなり強硬な法的回収手段に出たのでは債務者の間の関係を壊してしまい、顧客を失うことになる可能性があります。

 

まずは債務者と交渉をし、事情を聞いたり支払い条件の緩和や支払い期間の猶予を与えたりするのが一般的でしょう。

 

しかし、債務者側の事情を考慮するとはいっても決してなあなあになってしまってはいけません。
債権者としての利益・権利を守るため、できる限り確実に債権の回収ができるよう、債権を強化しておくことが必要です。
そのための手段の一つが債務承認兼支払約束の覚書をとる事です。
この覚書をとっておくことによる効果はいくつかあります。

 

まず、債権の存在と支払いの約束が明文化されることで、債権の内容についての「言った言わない」の水掛け論を避けることができます。
また、債権はその種類により督促を行わずに一定の期間が経過すると時効により消滅してしまいますが、書面を作成することによりその時効を中断することができ、時効の進行をふり出しに戻すことができます。

 

その他にも、継続的に少量ずつ発生した複数の売掛債権を一本化して書面に記載することで債権の内容が明確になるという効果もあります。

 

最終的に法的回収手段に出るしかなくなることもありますが、まずは新たな支払日や支払い条件の約束をして、この覚書を取り交わすのが第一歩です。
覚書の書式は様々なテンプレートサイトで公開されていますから、参考にするとよいでしょう。