債権の回収とは

 

債権とはいわばお金やローンなどの財産を自分以外の人に貸している場合のその貸している資産の事で、借りている人は一般的には債務者と呼ばれ債権者に契約の特に定めた返済方法で返済する義務を負う事になります。身近な例では住居の賃貸契約や消費者金融や銀行でのローンやキャッシングの契約もこれに当てはまり、口約束で貸した借金もこれに当てはまります。

 

もし債務者の返済が滞ったり返済が無い場合は、督促状を出すなど債権回収の為に必要な行為も法律に反しない程度で認められていて債権者はその権利を行使する事で債権回収を行う事が可能です。しかし債務者が自己破産の手続きを行い免責が認められた場合や、時効期間が来て時効の援用の行為を行った場合など債権回収の権利が消滅する時も有ります。

 

しかしそれに対する措置も法律で認められており、例えば時効期間の停止手続きをしておく事で時効期間が止まりますのでその間に債権回収を行う事も出来ますし、裁判所に訴訟をする事で債務者の財産を差し押さえる事も可能です。しかしあくまでも法律で認められている範囲での方法しか、認められていませんのでその行為を行う時には必ず債務者に事前に通達しておく事も必要になりますので注意が必要です。

債権の回収とは記事一覧

債権回収とは債権者が有している債権を行使して金銭の回収を図ることですが、自力で債権の回収を図ることは限界があります。債務者が十分な資力があるのに払われない場合でも、債権者は債務者を粘り強く説得してその弁済を行ってもらうことが原則となります。ただもし仮に債務者が約束を違えてその弁済が行なわなかったりし...

借用書を書かせて個人相手にお金を貸して、借用書に書かれた返済期限を過ぎてもまったく返済されない場合は取り立てを考えることになります。どのように取り立てるのかということですが、基本的には電話や郵便での催促ということになるでしょう。ただ、たとえば返済をする気はあるがお金がないので返せないと言われてしまっ...

親戚や友人とのお金の貸し借り、飲食店でのツケ、賃貸物件の家賃などに関して、お金を貸したのに返してくれない、サービスや商品を提供したのに代金を払ってくれないなどといった相手が契約違反を犯した時に、債権者が権利を主張することを債権回収といいます。しかし厄介なことに、この債権回収には時効があり、個人同士の...

さしゃに金銭の貸与を実行する際には慎重になる必要があります。貸与契約が成立していても、その契約通りに返済がなされない場合があるからです。もちろん、そのような場合には、しかるべき処置をとることになるのですが、そのような処置をとったとしても、相手に返済能力が残っていなかったり、返済契約を反故にして夜逃げ...

いくら売上をあげてもその代金が回収できないのでは全く意味がありません。かといって、支払いが滞った時にいきなり強硬な法的回収手段に出たのでは債務者の間の関係を壊してしまい、顧客を失うことになる可能性があります。まずは債務者と交渉をし、事情を聞いたり支払い条件の緩和や支払い期間の猶予を与えたりするのが一...

債務者が債務を期日にまで支払をしない場合は、債務者に支払いを求める通知書を出します。そしてそれでも返済がされないなら、債務者の住所を管轄する簡易裁判所に申し立てをして、裁判所から支払督促を送達してもらいます。その後の仮執行宣言を裁判所に出してもらい、債務者に強制執行を出来るようにします。これに対して...

不動産強制執行は、以下のような流れで行われます。まず、債権者が、債務者の持っている不動産を管轄する地方裁判所に、競売を申し立てます(強制競売申立書を提出する必要があります)。その申し立てが受理されれば、強制競売が始まります。同時に、裁判所は差押登記を法務局に依頼します。これにより、登記簿に「強制競売...

動産の強制執行の手続きは、動産が所在している地を管轄している地方裁判所へ強制執行の申立てを行うところから始まります。強制執行の申立ては書類を提出することで行います。提出しなければならない書類は申立書のほかに、執行文付きの債務名義、債務者についての調査票、地図のコピーなどの執行場所がわかる書類が必要で...

強制執行について、その仕組みを理解しておく必要があります。主な利用対象として、不動産、動産、金銭債権執行があります。金銭債権執行には、申し立てから任意の取り立て金受領まで、手続きは早くて数週間程度です。流れとしては4つの項目があります。1差し押さえ命令の申し立て及び陳述勧告の申し立て;債権者の住所管...