対物賠償とは

 

 

自動車保険には自賠責保険と言われる強制的に加入をしなければならない保険が在ります。
これは対人賠償のみの保険であり、事故を起こしてしまい相手に怪我を負わせた場合、相手を死亡させてしまった場合、相手が後遺障害を負ってしまった場合などの保障を得ることが出来る保険です。

 

尚、自賠責保険は事故により、お店を壊してしまったりした場合は、自賠責保険保障の範囲外となります。

 

そこで自動車やオートバイなどには任意保険と言うものがあり、対人の保障の強化を行う事や、対物に対する保障を得ることが可能になるのです。
対物というものは相手の財産でもあるわけで、対物賠償はその財産の保障を可能にしています。
店舗を壊してしまった場合、その相手の財産を壊す形になります。
また、店舗というのは営業を行う事で利益を得ますので、壊されたお店の人はその間休業をしなければなりません。
対物に対する保障と言うのは、このような休業補償を可能にしている保険でもあるのです。

 

相手がタクシーの場合、その自動車を壊してしまう事で個人タクシーの場合では相手の財産を壊すことになります。
また、タクシーの運転を行う人は、運転を行う自動車が無くなる事で休業を余儀なくされますので、その休業補償を可能にしているのが特徴の保険なのです。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら