任意保険の必要性

 

 

自動車保険は自賠責保険と任意保険に区分され、自賠責保険は事故の被害者への最低レベルの補償をメインとしている保険であり、契約が必須になっています。任意は自賠責保険では不足しているパーツを補うために各々で契約する保険です。自賠責保険は人身事故にも対応され、被害者側からも相手自動車への自賠責保険に請求することができます。被害者には基本的には同乗者も含まれ、単独事故を起こした場合には同乗していたファミリーや友人が怪我をした場合でも保険で救済することが可能です。また自動車同士の交通事故で同乗者に怪我をさせた場合には、自分の自動車と相手の自動車の自賠責保険に請求することができます。
任意には対人賠償、対物賠償、自動車の修理費用、交渉のための弁護士費用まで複雑な保険があり、それぞれ保証範囲や適用されるパターンが存在します。また当然のことですが、契約している保険の適応外の交通事故に関しては保険の支払いが行われません。また、自分に過失がない場合には、自分の契約している保険を使うことはできず、金融機関の担当者に先方と交渉してもらうこともできないために弁護士特約や無過失事故特約といった特殊な保険サービスがあります。

 

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら