身近な保険、自動車保険とは

 

 

わたしたちの生活に身近な保険として、自動車保険があります。車を使用していくにあたって、様々な事故やトラブルが発生する可能性が誰にもあります。その際に補償してくれる損害保険のことを、一般に車の保険、などと呼んでいます。車の保険には実は二種類あり、一般的には任意保険と強制保険などと呼ばれます。その名前の通り、加入が利用者の任意となっているものと、車を所有している人は誰でも必ず入らなくてはいけない保険に分かれます。強制保険は自賠責保険と言うもので、車検の際や新車購入の際に知らず知らずのうちに加入しているという人が多いでしょう。車の事故などにより相手を死傷させた際に支払われる保険で、対人賠償のみです。物的な損害に対する補償は一切なく、人に対する賠償額にも限度があります。そのため、これだけではいざというときに補償しきれないことがほとんどなので、多くの人が任意保険に加入するのです。任意保険はさまざまな民間保険会社が参入しており、その内容にも多種多様なものがあります。また、特約などで自動車とは直接関係ないような損害を補償してくれるものもあります。手厚い補償内容ならば保険料が高く、そうでないならば安くなります。また、長い間無事故であったり、車の所有者のみが運転する、などの条件を付けることで保険料が安くなることもあります。各社特色ある保険を打ち出しています。加入は保険の代理店ほか、通販型やダイレクト型が人気を伸ばしてきています。

 

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら