基本項目を知ろう

 

 

 

自動車保険には、自動車損害賠償責任保険、通称自賠責保険と、契約内容を自分で選択できる任意保険とがあります。
自賠責保険は購入時あるいは車検時に契約が無ければ登録できないので強制保険ともいわれます。
任意保険は、様々な特約や付帯契約もありますが、最低限必要な基本項目を確認しましょう。
ます対人賠償です。契約車両あるいは契約者が交通事故で死傷させてしまった相手方への保障です。通常「無制限」で契約します。これは補償対象者が何人でも関係ありません。
次に対物賠償です。事故により破損等を与えてしまった自動車や建物などが対象となりますが、積載されていた物品やそれによる損害なども含まれるので、補償額も高額になるになることが多々あります。従って最近では対物賠償は3000万円などの上限のあるものから「無制限」の契約も増えています。
搭乗者傷害は、契約車両に乗っていた人が死傷したことに対する補償で、契約者や運転者との関係は問題にはなりません。
一方、人身傷害補償は契約車両の事故に起因するものばかりではありません。契約者やその家族が他の車両に乗っていたり、道路を通行中に受けた交通事故による傷害に対して補償されるものです。1000万円か3000万円などの契約が通常です。
自損事故で契約車両を補償するものは車両保険と言います。自動車のグレードにより車両クラスが定められています。また、免責などについても細かく選択できます。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら