切れていた場合

 

 

自動車保険の自賠責保険が切れていたパターンは少し厄介です。車検を受ける必要がないバイクに関しては、ついうっかり自賠責保険を切らしてしまうということが極稀にありますが、自賠責保険は強制保険とも呼ばれていることからもわかるとおり、その契約が必須で法律で義務付けられています。もしも自賠責保険の期限切れ状態の自動車やバイクを運転してしまうと1年以下の懲役または50万円以下の罰金に加えて違反点数6点のペナルティが加算されてしまいます。そして自賠責保険の期限が切れていなくても、証明書を備えずに運転しただけでも30万円以下の罰金というかなりシビアなペナルティが科されることになっています。ところで自賠責保険は、人身事故によって被害者が亡くなったり、怪我を負ったりしたパターンに、その損害を自己負担ではなく賠償するための保険です。その点で任意保険である対人賠償保険についても、基本的なコンセプトは一緒なのですが、一体どのような違いがあるのかというとシンプルに保険金額が違うだけで、もしも自賠責保険の期限が切れていたとしても、任意保険の対人賠償保険に加入していれば自己負担の額がある程度ではありますが減少されます。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら