補償範囲

 

 

自動車の保険には大きく分けると自賠責保険と任意保険の2つに分けられます。
自賠責保険は自動車を所有する人と運転手が必ず加入をしなければならない保険で、これを強制自動車保険などとも言います。

 

自賠責保険の特徴は対人に対する保障が在るという事です。
これは言い換えれば、補償範囲は対人のみという事でもあるわけです。

 

自動車事故を起こし、相手を怪我を負わせた場合、相手が死亡した場合、相手が後遺障害を持ってしまった場合などの補償を得られるのが自賠責保険です。
また、ここで言う対人というのは、車に乗車している運転手、その車に乗っている同乗者、歩行者などが対象になります。

 

仮に事故を起こした加害者側が賠償金の支払い能力がない場合でも、自賠責保険は加入義務が有りますので、被害者側は賠償金を受け取れるわけです。

 

所で、自賠責保険には自動車存在賠償保障法と呼ばれる法律が定められています。
この法律の中には運行供用者と呼ばれることが記されていますが、これは「自己のために自動車を運行の用に供する者」と言う定義が行われています。
そのため、損害賠償請求を行う場合は、加害者が自動車の所有者であるのか、もしくは運用供用者であるのかを検討する必要があるのです。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら