自賠責保険だけで補償はバッチリ?

 

 

自動車はもちろん、原付バイクを運転する人にも自賠責保険の加入が義務付けられています。
この保険に入っているから、任意保険に入っていないという方もいらっしゃるかもしれませんが、
この保険だけでは万一事故を起こした時には、不十分と言えます。
そもそもこの保険の補償範囲は、事故発生時の被害者側の人間に対してしか適用されません。
そのため被害者側の車両破損などには一切適用されませんし、加害者側には何の保障もありません。
もちろん、自損事故に関しても全く保障はありませんので、補償範囲は必要最低限の保険である、と言う事になります。
そしてその被害者側への保障額ですが、死亡時に最高3000万円、高度障害状態になった時に最高4000万円までですので、
保障額も決して十分といえる金額ではありません。
任意保険での対人保障額は無制限となっていることか、3000万円という保障額では不十分であることがわかります。
また実際の事故において、そのほとんどの場合は物品の破損がつきまといますので、対物を保障する任意保険が非通用だということがここからもわかります。
そのため任意保険の対物保障も近年は無制限となっているものがほとんどになっています。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら