年金の受け取り方で選ぼう

 

 

年金と一言で言っても、年金にはいくつかの種類が存在しています。そしてその各種年金の制度には特徴が有りますので、その特徴を知る事で自分にあった年金を選択する事ができ、年金の受け取り方を選択する事も出来ます。
ではそのいくつかの年金の種類を簡単に説明します。年金の中でも個人年金保険商品と呼ばれる年金の種類の中には、保証期間付終身年金と言われる被保険者が生存している限り、一生涯年金が支払われる商品です。そしてその他にも10年等の特定の期間を定めて、同じく被保険者の生存を条件として年金が支払われる保証期間付有期年金。この年金は被保険者が死亡した場合は年金の支払いはストップします。被保険者が死亡した場合に遺族へ向けて年金が支払われる年金は確定年金と言われます。確定年金は支払い期間中は被保険者の生死を問わない事になっています。その他には夫婦年金という年金があり、この年金は夫婦のいずれかが生存している限り受取る事が出来る年金となっています。つまり夫婦のいずれかが死亡した場合、残された配偶者への経済的サポートが出来る役割を果たします。ここまででも4つの年金の種類が出て来ましたが、それぞれ特徴が違いますので、自分が望む老後生活を考えて年金を選択する事をお勧めします。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら