年金の受け取り方で選ぶには

 

 

個人年金保険は、生命保険の一種で貯蓄性の高い保険です。その仕組みは、先に保険料を払い込んでおくと、後から年金として受け取ることができるものです。国民年金や厚生年金だけでは、老後の生活資金が足りるかどうか心配だという方に人気となっています。

 

個人年金保険の受け取り方には2種類あります。一つめは、分割払いです。その中でもいくつかのタイプに分かれています。まず、決まった期間に一定の金額を必ず受け取れる確定年金タイプがあります。例えば60歳から年に100万円を10年間受け取ることができます。受け取る本人が亡くなった場合でも、残された家族が残りの年金を受け取ることができます。次に、保証期間付き終身年金タイプがあります。これは、一定期間は必ず年金を受け取れて、その後も本人が生存している限りは生涯にわたって年金を受け取れるものです。その他、夫婦のどちらかが生存していれば受け取れる夫婦年金などもあります。

 

もう一つの受け取り方は、年金の支払い開始時に全額を受け取る一時払いです。こちらは、分割払いに比べると受け取り総額は少なくなります。その一方で、一度にまとまったお金を入手することができますから、家のリフォーム資金や車の購入資金、孫の教育費などに利用することができます。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら