年金額の決め方で選ぶポイント

 

 

年金制度に関するニュースはここ日本では、目にする事も非常に多いですが、公的年金だけでは不安を考える人は私的年金への加入をしたりと、近年では様々な年金商品を選択し購入する事が出来ます。年金商品の中には、年金を運用と考え一種の投資商品の様な考え方の商品も登場しています。
例えば、外貨建て年金商品ですが、一般的な考え方は日本の年金と同様ですが、月々の支払いを外貨建てで行うため、為替の影響を受ける点が大きく違います。円安や円高になるとその分受給出来る年金額も大きく上下しますので、基本的には円高の時に購入しておくと将来的な円安を予測し、より高い額面を受取る事が出来る可能性があります。その他にも変額型年金と言われる商品で、運用実績に大きく左右される年金になります。こちらも月々の定額の支払いは一般的な年金と同様ですが、将来受取る事が出来る受給額が運用実績が反映されるため、決まった額の支給ではありません。どちらの年金もある程度の投資知識や経済に関する知識を持ち合わせている事をお勧めします。一般的な年金よりも金額が多くも少なくもなり得る年金商品ですので、将来の経済を予測した上で購入すると非常にいい運用ができ将来の受給額に反映する事が出来ます。

 

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら