私的年金、基本年金の相場

 

 

近年、多くの国民の興味を惹くニュースが年金に関する事ではないでしょうか。テレビ等でニュースを見る事も増えて来ましたし、新聞等で目にする事も増えて来ました。そのため多くの民間保険会社が私的年金として個人年金商品を販売しています。やはり基本年金だけでは将来への不安が残ってしまい、老後を快適に過ごす事が出来るのかといった不安や経済的不安を軽減してくれるかもしれません。
国民年金や厚生年金等の公的年金だけではなく、個人年金では将来受取る事が出来る金額によって月々の支払いが大きく変わって来ます。そして若ければ若い程支払う期間が長くなりますので、月々の金額は小さくなり、高齢で新たに契約すると月々の金額にも変化が出て来ます。しかし、将来的に公的年金の受給額を知っておけば後どれぐらいの金額が必要なのかを知る事ができ、自分にとってどれぐらいの金額を私的年金で補えば良いのかを知る事が出来ます。個人年金は各民間保険会社で販売されていますので、相場額を保険員に聞く事が出来ますし、将来の月々の希望受給額を決めておけば、現在の支払額が確定しますので公的年金の受給額のプラス1万円や、少し贅沢に過ごしたいから月5万円の受給を目指そう等、何かの指標があれば相場を上下した具体的な金額を決定しやすくなります。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら