保険料の決め方で選ぶ方法

 

 

最近、年配の方で個人年金保険に加入される方が多くなってきています。その中で、だいたいの保険内容は分かっても、保険料のことまでは知らない方がほとんどです。まず、個人年金保険の保険料は、月払いや半年払い、年払いなどの分割で支払いする方法と、全部の総保険料を一括で支払う一時払いの方法があります。さらに細かく言えば、分割払い商品の保険料の決め方は2つに分かれます。一つ目は年金建です。これは、いくらの年金を何歳からどのくらいまで受け取るかで保険料を決定する方法です。また二つ目は、保険料建と言います。これは、いくらの保険料をいつからいつまで支払うかによって年金額が決まるというものです。また分割ではなくて、一括払いの種類とは一時払個人年金保険と言います。分割払いも一括払いも同じ保険であれば、通常一時払いで支払うことにより分割払いと比較し、全体の支払総保険料が安くなります。だいたいの相場ですが、一ヶ月あたり15000〜20000円くらいの保険料の支払いが一般的でしょう。個人年金保険の保険料の払込期間というのは、非常に長期にわたるものなので、続けても大丈夫な保険料を設定しましょう。注意点としては、払込期間中に解約などをしてしまうと元本が欠損する恐れがあります。保険料建か年金のどちらかか一括払いにするかを保険に加入する前にしっかりと決めておいて、将来の設計図を作製しましょう。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら