変額型の特徴

 

 

将来への蓄えや年金に関しては、多くの国民の興味を惹くテーマですが、国民年金や厚生年金等の公的年金だけでは将来に不安が残ると考えている人も多いのではないでしょうか。そういった人に向けての年金制度に私的年金があります。近年、民間の保険会社も個人年金商品をこぞって発売しており、公的年金をベースに個人年金を合わせて購入している人も増加して来ました。そんな個人年金の中でも、資金の運用によって将来受取る事が出来る年金と言えば、変額型の年金保険になります。
株や投資信託等の投資商品を購入する事で、リターンを得る投資家が近年増えて来ましたが、この年金商品も少し投資の要素を含みます。年金は将来へ向けて長期的に資産を積み立てて行く事が前提となっていますが、同じ額を積み立てて行くのであれば、将来のリターンを増やす事も可能です。この保険は将来受取る事が出来る年金額は変動しますので、もちろんメリットだけではありません。運用によっては、他の有期年金や確定年金の方が額面で多くなる可能性もあり、つまり将来受取る事が出来る年金額が減る可能性も秘めているという事を忘れないでおきましょう。個人年金商品にはいくつかの種類がありますので、各種年金のメリットとデメリットを理解した上で購入する様にしましょう。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら