保証期間付有期年金

 

 

 

働く人達にとって、月々の給与明細に目を通すといつも年金額の差し引きを目にしますが、世の中に溢れている年金には数多くの種類が存在しています。給与明細で目にするのは公的年金と呼ばれる国の管理のもと実施されている国民年金や厚生年金の事になりますが、それ以外にも年金には個人年金という私的年金があります。個人で契約する事で公的年金にプラスして年金の受給を目的とする年金になりますが、この個人年金商品にもいくつか種類が有ります。その中でもここでは保証期間付有期年金に関して簡単に説明いたします。
有期年金とは、例えば10年や15年等の期間を定めておき、被保険者の生存を条件とし年金が支払われるという制度になります。定められた期間は各社民間保険会社によって異なって来ますが、自分で望む期間があるのであればその期間の商品を購入する事が出来ます。しかしこの保険は被保険者が死亡した場合には、その後に支払われる予定であった年金の受給はストップします。死亡した場合、遺族への受給を望むのであれば確定年金という種類に変わって来ます。各年金商品や種類にはメリットとデメリット等の特徴が異なって来ますので、自分の目的に合った商品を選択する様にしましょう。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら