私的年金の種類

 

 

 

近年、年金制度への不安から年金に関するニュースを耳にする機会も増えて来ました。しかし年金は国に頼るだけの制度ではなく、個人でも年金を活用する事で将来への不安を少しでも軽減する事が出来ます。日々、よく耳にする年金とは公的年金と呼ばれ厚生年金や国民年金の事になります。一方で私的年金と呼ばれる年金制度を活用する事で、より多くの年金を将来受取る様にする事が出来ます。
大きく分けて企業年金と個人年金に分ける事ができ、企業年金とは確定給付型年金と確定拠出型年金があり、確定拠出型年金は企業によって取り入れている企業や取り入れていない企業がありますので、働く企業に確認する事をお勧めします。そして個人年金とは各種生命保険会社が取り扱う、個人的に運用する年金の事です。一般に貯蓄性のある保険と呼ばれる事も有り、金利の低い銀行等に預けるのではなく年金として資金を運用して行こうとする保険商品の一つになります。各企業によって商品内容は異なりますが、商品によってはこれぐらいの期間でこれぐらい貯まりますといった様な将来的なプランまで事前に知る事が出来ますので、明確なプランを持って年金商品を購入する事が出来ますので、公的年金だけでは不安な人には、こういった年金も合わせて活用する事をお勧めします。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら