年金制度を知ろう

 

 

 

近年、将来の年金に関してのニュースを頻繁に目にする様になりましたが、日本での年金制度は一つだけではなくいくつか存在しています。まず日本の年金を大きく分けると公的年金と私的年金に分ける事が出来ます。
公的年金とは20歳以上60歳未満の人全員が対象となる国民年金や、会社員等が対象となる厚生年金があります。サラリーマン等の会社員は国民年金と厚生年金を共に加入する事になり、会社に所属しない自営業者等の人達は国民年金のみの加入となります。ここまでが公的年金になりますが、私的年金とは企業によっては取り扱っている事がある、企業が主体となって年金を支給する制度です。確定給付型と確定拠出型に分ける事ができ、近年注目を集めているのが確定拠出型年金と呼ばれる運用実績に左右される年金となりますので、自分で具体的に運用を管理したいという人には適した制度です。そして民間の保険会社でも年金商品は多数販売されていますので、公的の制度以外にも民間の年金商品を購入する事で将来の経済的不安を軽減する事が出来ます。民間商品は企業によって運用方法等が変わって来ますし、自分自身で商品を決定しなければ行けませんので、必ず事前の確認を行い、日本に数多く存在する年金商品を活用する事でお互いを補う事も出来ます。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら