年金は何歳から貰えるの?

 

 

超高齢化社会を迎え、今や60歳定年を過ぎて退職したあとでも公的年金の支給開始年齢が段階的に引き上げられ続けていることから定年後も引き続き仕事を続けなければ生活が成り立たなくなる時代になってしまいました。
多くの方はこういう事態に備えて何らかの対応策を取られている事でしょうが、個人年金保険もその対応策の一つです。
前述のとおり、公的年金の受取開始年齢は年々上がる一方ですから、60歳から年金受取が出来る年齢まで収入を確保しておかなくてはなりません。
個人年金保険はその間の収入確保のためにはうってつけの保険商品と言えます。
また、個人年金保険は市中の金融機関にお金を預けておくよりも利率が良い場合が多いため、貯蓄性にも優れていますし保険料は所得税控除の対象ともなりますので税金対策の一助にもなります。
この個人年金保険の年金の支払い開始年齢は保険会社によって差はありますが、大体60歳から支給されることが大半です。
60歳からの受け取りを想定して保険料を多めに払っておくのが理想とは言えますが、それだけでは十分とは言えないのであくまでも
収入の一つとして捉えてメインで働ける場所を確保出来るように今から備えておく必要があります。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら