夫婦年金

 

 

現代の日本には数多くの年金商品販売されており、種類も非常に多くなって来ています。民間の保険会社もこぞって新しい保険商品を販売しており、その中から適した保険を選ぶ事は容易ではありません。しかし、明確な目的をもって各種保険や年金を活用する事で、将来性や各種リスクに備える事が出来ます。その数々の保険商品や制度の中でも、夫婦年金に関して簡単に説明いたします。
夫婦と年金という言葉かたある程度のイメージはつくかと思いますが、この年金制度は夫婦のいずれかが生存している限り年金を受取る事が出来る個人年金保険となります。夫婦のどちらかがもし死亡したとしても、この年金保険に加入していれば、残された配偶者への老後資金を準備する事が出来ます。結婚している人にのみ加入する事が出来る保険ですが、夫婦として生計を共にしている以上、もし自分が死亡した時の相手の事は非常に不安になる事の一つです。経済的なサポートを受ける事が出来ますので、既婚者にとっては将来の不安と取り除く事が出来る保険商品の一つです。公的年金だけでは不安と考える人にとっては、追加して考える事の出来る年金保険ですので、一つの制度に頼るのではなくその他の制度も検討してみる事も将来的なサポートになり得るかもしれません。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら