みんな入ってる?個人年金保険

 

 

 

日本は長寿国なので、老後の生活費をどのように用意するか、考えている方も多いのではないでしょうか。平均寿命から考えると、公的年金が支給開始となる65歳から約15年から20年分の生活費等を準備しなければいけません。
個人年金保険というのをご存知ですか。この保険は老後の生活資金のための生命保険のひとつです。定年から年金の支給開始までにかかる生活費の準備だったり、公的年金だけでは生活費が足りないので、準備しておきたいという方が加入される事が多いです。
保険料は銀行引き落としで支払って行く事になります。計画的に貯めていくことができますので、大きくお金を増やすより、確実に貯めたいという方に向いています。また年金保険料控除として活用することができますので、所得税や住民税を軽減することができます。
ただローリスクローリターンなので、資産を運用をして増やしたいと考える方には向きません。また、インフレによってお金の価値と年金を受け取る頃のお金の価値が変わっている場合があるというリスクもあります。そして年金給付受け取りが完了するまでの期間が長いので、その間保険会社がきちんと存続しているかどうかも重要になってきますので加入を考えている場合は格付けなども調べてから保険会社や商品を選ぶと良いです。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら

みんな入ってる?個人年金保険記事一覧

近年、将来の年金に関してのニュースを頻繁に目にする様になりましたが、日本での年金制度は一つだけではなくいくつか存在しています。まず日本の年金を大きく分けると公的年金と私的年金に分ける事が出来ます。公的年金とは20歳以上60歳未満の人全員が対象となる国民年金や、会社員等が対象となる厚生年金があります。...

超高齢化社会を迎え、今や60歳定年を過ぎて退職したあとでも公的年金の支給開始年齢が段階的に引き上げられ続けていることから定年後も引き続き仕事を続けなければ生活が成り立たなくなる時代になってしまいました。多くの方はこういう事態に備えて何らかの対応策を取られている事でしょうが、個人年金保険もその対応策の...

公的年金は、昭和36年に国民全員が加入する国民皆年金がスタートし、61年には基礎年金が導入され、現在の年金制度が誕生しました。国が保険者で、国民一人一人が被保険者です。以下年金保険料を払う側の年金種別と、年金を受け取る(給付される)側の年金種別につき説明をいたします。払う側(被保険者)は、1号(被保...

近年、年金制度への不安から年金に関するニュースを耳にする機会も増えて来ました。しかし年金は国に頼るだけの制度ではなく、個人でも年金を活用する事で将来への不安を少しでも軽減する事が出来ます。日々、よく耳にする年金とは公的年金と呼ばれ厚生年金や国民年金の事になります。一方で私的年金と呼ばれる年金制度を活...

個人年金保険には大きく分けて4種類あります。まずは保証期間付終身年金です。これは終身年金(年金加入者つまり被保険者が生きてる限り一生継続して年金を受け取れる制度。保険料金は割高のことが多いです。)と一緒で契約者である被保険者が生きている間はずっと年金を受けるとることができます。そして、この制度には保...

現代の日本には数多くの年金制度が存在しており、各種民間企業でも個人年金等の貯蓄型と呼ばれる商品の販売を行っています。個人年金にはいくつかの種類があり、年金受取りの条件等が各商品によって異なりますので、事前に必ず確認をしておきましょう。有期年金や確定年金を始め、保証期間付終身年金という年金があります。...

世の中には数多くの年金制度が存在しており、公的年金だけではなく私的年金を近年では注目されて来ています。私的年金は貯蓄性のある年金として各民間保険会社が新たな商品として発売しており、公的年金とは違い用途や希望にあった年金の種類を自分で選択出来る点が非常に魅力的である。その中でも個人年金にはいくつかの種...

働く人達にとって、月々の給与明細に目を通すといつも年金額の差し引きを目にしますが、世の中に溢れている年金には数多くの種類が存在しています。給与明細で目にするのは公的年金と呼ばれる国の管理のもと実施されている国民年金や厚生年金の事になりますが、それ以外にも年金には個人年金という私的年金があります。個人...

現代の日本には数多くの年金商品販売されており、種類も非常に多くなって来ています。民間の保険会社もこぞって新しい保険商品を販売しており、その中から適した保険を選ぶ事は容易ではありません。しかし、明確な目的をもって各種保険や年金を活用する事で、将来性や各種リスクに備える事が出来ます。その数々の保険商品や...