地震保険料の割引制度

地震が特に多い国である日本では地震に対するリスク対策が非常に重要となります。
マンションや一戸建て住宅を購入した場合、長い期間の住宅ローンを組むことになるので、ローン支払い期間中に起こる可能性がある大地震による建物損失のリスクに備えて地震保険に加入しておくことが重要になります。
地震保険には様々な条件に応じた保険料の割引制度があるので、そういった制度をうまく利用することで、支払うことになるお金を安くすることが出来ます。
保険に加入する建物が昭和56年6月1日以降に新築された建物であることを条件として割引を受けることが出来る制度があります。
この場合、保険の支払い費用が10%も引いてもらえることが出来ます。
保険加入時には確認資料として公的機関等に対して届け出た書類や建物登記済権利証などの提出が求められることになります。
また、その他には耐震等級割引.制度というものがあり、住宅の品質確保の促進等に関する法律で定められている耐震性能評価等級が耐震等級3の場合、30%、耐震等級2の場合で20%、耐震等級1の場合でも10パーセントの割引を受けることが出来るようになっています。
これらの制度を利用するために、適用となる物件を選ぶことも保険の支払いを安くするためには重要となります。

 

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら