家財保険の特徴

家財保険と呼ばれているものが用意されています。その殆どが火災保険が主体とさていて、火災保険に加入する際に合わせて加入することが一般的とされています。居住している住宅については賃貸や持ち家など種類を選びません。火災保険自体も同様で、賃貸住宅であっても自己責任で火災を引き起こし、隣家にまで被害が及んだ場合では、特に効果的に発揮することになります。家財に関しては、加入しておくことによって家財道具を守ることができます。万が一の火災を起こしてしまった場合では、加入していない場合では建物についてのみ保証されることになります。しかし、きちんと家財用の保証に加入しておくことによって、生活上で使用していた物品や、大切に保管していた物品などが保険で保証されることになります。例えばテレビや冷蔵庫、洗濯機などの家電製品は勿論のこと、椅子やテーブル、キャビネットなどの家具類も対象とされています。また、1つの物品で30万円以上の価値のある物品に関しては、事前に届出を行うことが必要とされています。明記物件として申請していない場合では、保証の対象外となってしまうことになるために注意が必要です。大切な生活用品を守るためにも加入することがおすすめとなる保険になります。

 

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら