所得税の控除額

サラリーマンなどが年末に必ず年末調整を行なっています。それは健康保険や個人年金保険や介護保険や地震保険や住宅ローンなどを給料で支払った所得税をそれぞれの控除額におうじて返していきます。健康保険は一般的な保険で入院などの際に保険が適用されます。個人年金保険は定年後に年金を貰う時にプラスして自分でかけていた分が返ってきます。介護保険は2年位前に控除としてプラスされた保険でしてこの三種類は主に4万円までの控除を受ける事が出来ます。地震保険なども現在日本では地震の災害などで家を失った方がいらっしゃったりします。そんな万が一の為の保険となります。住宅ローンも年末調整の際に還付されますので、そのあたりはキッチリ申告した方が得です。それぞれの控除は所得でも住民税でも還付の対象になりますので、しっかりと還付申請をしていかなければいけません。昔は火災保険なんかも所得が還付される対象とされていましたが、地震保険の加入により廃止とされました。火災保険は住宅を購入されている人はほとんどの方が加入していると思います。ですが地震保険の方と言えばどうしても地震が発生して家が倒壊するというケースは頻繁ではないので国も入ってもらう為に特典を付けているのでしょう。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら