家財保険と火災保険の違い

"『火災保険』とは、火災や落雷、その他の災害などによって建物や家財に損害が発生した場合に、その損害を補償する保険のことです。以前は、火災の損害のみが対象でしたが、現在では落雷や強風、ひょうなどの様々な自然災害も、補償の対象になっています。
補償の対象は「建物」と「家財」に分かれますが、そのうち「家財」のみにかける保険のことを『家財保険』といいます。

 

一般的に、ここでいう「家財」とは、生活に関連する動産全般のことを指します。具体的に言うと、テレビやパソコン・冷蔵庫・洗濯機などの電化製品や、テーブルやタンスといった家具、また洋服などの衣類も含まれます。

 

万が一の災害に備え、建物の補償は重要です。しかし、それだけでは十分とは言い切れません。
例えば、住宅ローンが残っている場合、火災時の保険金が全て金融機関に回されるため、家財保険に入っていれば生活のやり直しができやすくなります。また、マンションなどの賃貸住宅の場合は、大家への現状回復義務が生じますので、家財保険は必要不可欠と言えるでしょう。

 

万が一のリスクに備えるため、それぞれの保険の違いや補償内容をしっかり理解し、自分に合った保険を選ぶことが重要です。

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら

 

 

 

 

 

 

"