住民税の控除額

住民税や所得税の年末調整などでの控除を受けれる保険には生命保険、個人年金保険、介護保険、地震保険などがあります。それぞれ年間の掛け金に対して計算により控除を受ける事が出来ます。生命保険は皆さんが一番身近に入られている方が多い保険で入院などをすると保険がおります。個人年金保険は定年を迎えると年金だけでは生活するのが困難ですのでこういった積み立て形式の保険により後々運用された分とプラスして返って来ます。介護保険は2年前ほどから税金の控除として追加されたもので、生命保険の商品などに付帯して付いていることが多いです。最後に地震保険ですが、ここ日本は地震がとても多い国でして、住宅などがその自身の時に被害にあったりした場合に保険が適用されます。昔はそれほど加入者も少なかったのですが、年々地震などの被害が増えていき身近な方も住宅を購入されたら加入しているようです。そうしたさまざまな保険商品が保険会社では取り扱っていて月々のかけていくタイプや年払いなどで払ったり一括で何十年分を支払ったりするケースのものもあります。当然、給料の所得税や地方税などの控除になる事も保険加入に当たっての追い風になっているのも事実です。

 

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら