加入時の注意点

どのご家庭でもマイホームを購入した時、火災保険に加入するのが当たり前であり一般的です。しかし、よく知られていないのが、火災保険は建物部分だけを補償する保険なのです。要するに、家の外の部分は補償できますが、実際の中身すなわち家財の補償をするには家財保険に加入しなければなりません。この家財保険では、火災などで建物と同じく家財が消失や損失した場合や、落雷や暴風や台風などの災害によって被害を被った場合に補償してくれます。しかし、この家財保険に加入する時に注意しなければならないことが3つあります。1つ目は、保険会社によって保険は違うことと、補償内容が違ってくることです。2つ目は、地震の時は補償が受けられないことです。地震による倒壊や津波等で家財が被害を受けた時には、ほとんどの場合、補償外となるので注意が必要です。3つ目は、火災保険だけで家財は救えないということです。火災で建物の被害は最小限に留められたとしても、消火活動による水濡れで、ほとんどの電化製品は使えなくなりますから、家財保険でこうした電化製品を買い換えられるようにしておきましょう。これらの注意点が家財保険には必要なのでしっかりと補償内容を確認しましょう。

 

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら