地震保険ってどんな保険

住宅を守るための保険として広く認知されているものには火災保険というものが用意されています。この保険は万が一の火災が発生した際に補償される内容となりますが、風害や雪害など数多くの災害についても適用されるものです。また、家財保険にも合わせた加入することが推奨されているもので、家財道具についても補償されることになります。しかし、一般的な火災用の保険の場合では、地震が起因している災害については補償されることはありません。例えば地震が発生してしまい、後に火災へと発展してしまった場合でも、原因が地震と認定されているならば、住宅は補償されずに保険で修復することができない仕組みになっています。そこで、地震対策用として用意されているものに地震保険というものが存在しています。地震保険は各損害保険会社が提供しているもので、原則としては火災用の保険にセットとして加入することが行われています。地震が発生してしまい、住宅に損傷が見られた場合では、全壊と半壊、一部損傷など3段階に分類されて補償されることが一般的になっていて、それぞれ住宅の時価額を限度として支払われることになります。地震については国内では常に危惧されている部分となるために、加入することが望ましい保険とされています。

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら

地震保険ってどんな保険記事一覧

地震保険は国が管理している保険であるため、支払い条件や補償内容は各社共通です。違いがあるのは所在地により区分分けと、建物の構造の二つです。所在地による保険料の差があるのですが、それは地震リスクの差です。地震が多く発生している地域、あるいは今後大きな地震の発生確率が高まっている地域はリスクも高く、掛け...

サラリーマンなどが年末に必ず年末調整を行なっています。それは健康保険や個人年金保険や介護保険や地震保険や住宅ローンなどを給料で支払った所得税をそれぞれの控除額におうじて返していきます。健康保険は一般的な保険で入院などの際に保険が適用されます。個人年金保険は定年後に年金を貰う時にプラスして自分でかけて...

住民税や所得税の年末調整などでの控除を受けれる保険には生命保険、個人年金保険、介護保険、地震保険などがあります。それぞれ年間の掛け金に対して計算により控除を受ける事が出来ます。生命保険は皆さんが一番身近に入られている方が多い保険で入院などをすると保険がおります。個人年金保険は定年を迎えると年金だけで...

地震が特に多い国である日本では地震に対するリスク対策が非常に重要となります。マンションや一戸建て住宅を購入した場合、長い期間の住宅ローンを組むことになるので、ローン支払い期間中に起こる可能性がある大地震による建物損失のリスクに備えて地震保険に加入しておくことが重要になります。地震保険には様々な条件に...

"『火災保険』とは、火災や落雷、その他の災害などによって建物や家財に損害が発生した場合に、その損害を補償する保険のことです。以前は、火災の損害のみが対象でしたが、現在では落雷や強風、ひょうなどの様々な自然災害も、補償の対象になっています。補償の対象は「建物」と「家財」に分かれますが、そのうち「家財」...

家財保険と呼ばれているものが用意されています。その殆どが火災保険が主体とさていて、火災保険に加入する際に合わせて加入することが一般的とされています。居住している住宅については賃貸や持ち家など種類を選びません。火災保険自体も同様で、賃貸住宅であっても自己責任で火災を引き起こし、隣家にまで被害が及んだ場...

家財保険は家の家財の保障に関する保険で、加入している場合と加入していない場合があります。家財保険に入る目的は火災の際に被害がでたものに対する保障になりますが、他の災害に関しての保障もある場合もあります。名目は火災保険や地震保険などの名前がついていることが多いです。加入する際に一番問題になってくるのが...

保険はどこの保険会社も同じだと思って家財保険は適当に選び入っていたのですが、最近、インターネットで保険を見直すと検索すると家財保険はどこの会社も同じだと思っていたのに、じっくり検討すると会社によって金額や補償内容が違うことがわかったのです。誰もがどこの会社も火災保険や家財保険、地震保険の内容や金額は...

どのご家庭でもマイホームを購入した時、火災保険に加入するのが当たり前であり一般的です。しかし、よく知られていないのが、火災保険は建物部分だけを補償する保険なのです。要するに、家の外の部分は補償できますが、実際の中身すなわち家財の補償をするには家財保険に加入しなければなりません。この家財保険では、火災...