奨学金制度の特徴

 

 

人生の中でも大きな出費の一つと考えられているのが、教育資金です。そんな教育資金をまかなうために多くの親が子供の将来を考えて奨学金制度を活用する事は珍しくありません。私立大学ともなれば非常に多くの資金を必要としますので、日本学生支援機構による制度を活用し、卒業後に返済して行く事になります。しかしその日本学生支援機構による制度にも大きく分けて2種類あり特徴も違ってきます。
第一種と第二種に分類され、二つの特徴の大きな違いは利子があるかないかになります。つまり有利子なのか無利子なのかです。第一種は無利子貸与になり、第二種が有利子になりますので、第一種の方が選考基準が高くなります。将来の返済の事を考えるともちろん第一種の方がいいと考えますが、基準が第二種と比べても高いため簡単に活用する事は出来ません。将来、長期的に返済して行く事になりますので、活用する上で返済する事を前提に考えておきましょう。近年返済をしていない社会人が増加しているというニュースを目にする事が増えましたが、社会人の人による返済で今の学生達の学費に繋がって来ますので、必ず利子に関係無く返済出来ると考え、決断した上で活用する様にしましょう。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら