奨学金制度の概要

 

 

 

人生の中で大きく、金額の大きな買い物といえば住宅や車等が頭に浮かびますが、子供を持つ親達にとっては子供の教育資金も一つの大きな出費となります。教育資金は子供の数に比例しますので、子供を多く抱える親にとっては将来への不安の一つになりえるかもしれません。小学校から大学までの入学金や授業料を考えると非常に多くの資金を要すると言われており、近年は学校だけではなく学習塾や家庭教師、習い事等でも追加の資金を必要とする事もあり得ます。そんな子供を持つ親にとって一つの重要な資金援助の方法として、多くの親が活用しているのが奨学金制度ではないでしょうか。
入学金から年間授業料にいたるまで、非常に多くの資金を必要とされる教育資金の捻出は簡単な事ではないため、社会人になった子供が将来的に返済していくこの制度は、第一種と言われる選考基準が高い無利子の制度と、第二種と言われる選考基準が低めに設定されている有利子制度が存在しています。社会人になると毎月決まった額を長期的に返済する事になりますので、返済の義務が発生しますので必ず返済する意思がある場合に活用する様にしましょう。返済が滞ると保証人へ通達が来る事もありますので、借りた金額は返済する意思を明確に持って活用しましょう。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら