奨学金と教育ローンの違い

 

 

 

生きて行く上で大きな資金を必要とすると言われている一つが教育関連資金ですが、多くの子供を持つ親にとっては非常に多額の資金を必要とし、入学する学校によっても必要となる資金は大きく変わって来ます。そして多額の資金を必要とする分多くの子供を持つ親が活用しているのが、二つの制度になります。
まずは奨学金制度ですが、多くの人が耳にした事があり現在返済をしている人も多いのではないでしょうか。日本学生支援機構によるこの制度は大きく分けて二つに分類され、第一種の無利子と第二種の有利子になり、第一種の方が第二種と比較しても選考基準が高くなります。そしてもう一つの制度が、教育ローンによる支援になります。学生一人あたりの限度額が300万円と設定されており、金利は固定金利と決まっています。資金の使用用途は学校に納付しなければいけない資金や、受験費用、住居費用等多岐に渡ります。この二つの制度を利用する事で、子供を持つ親の資金面での負担を軽減する事が出来ますが、大きな違いは利子や金利が有るか無いかになります。教育ローンは必ず金利が発生しますが、日本学生支援機構による第一種の制度は無利子ですので、返済の際に非常に負担が減る事になりますので、どの制度を利用するのかを検討する際は必ずこの点も念頭に入れて判断する様にしましょう。

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら