国の教育ローンとは

 

 

 

生涯の中で、住宅の購入や車の購入等多くの資金を必要とする買い物がありますが、子供を持つ親にとっての大きな支出として子供の教育資金が考えられます。子供を多く持つ人にとっては悩みの種の一つであり、長期的にかかる費用なので貯蓄に関しても計画性が必要になりますが、日本には教育資金のカバーが出来ない部分に関しては、教育ローンが存在していますので、活用を考える事も一つの方法です。
公的融資と私的融資がありますが、国による公的な融資には高校、大学や各種専門学校に入学する者の保護者を対象としたローンです。学生1人あたりの融資限度額は300万円と決まっており、300万円を超える金額は融資出来ません。そして返済期間が基本的には15年以内であり、金利は固定金利制となっています。各種学校での入学金や授業料等の学校への納付金から、受験費用、住宅費用、教材費等への使用が認められていますので、教育資金がカバー出来ない子供を持つ親にとっては非常に安心出来るローンとなっています。その他ローンには奨学金制度もありますので、各種教育資金をカバーしてくれる融資を確認し、どの融資が自分にとって、子供にとってメリットがあるのかを理解した上で検討する様にしましょう。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら