教育資金を借り入れている割合

 

 

 

生涯での大きな支出として考えられる事として、子供の教育資金が上げられます。特に子供を数人抱えている家庭であれば、将来的な経済的不安はより大きなものでしょう。しかし、公的機関や民間機関から教育に関する資金は融資してもらう事が出来ますので、もし経済的な不安を抱えている人は一度検討してみる事をお勧めします。
教育ローンや奨学金と呼ばれる融資が最も一般的ですが、こういった融資は進学が決まった際に融資や借り入れを決定する事が多いため、子供の成長や進む方向性によって必要なのか不必要なのかは各々によって異なって来ます。しかし、学資保険やこども保険等では進学等に関係無く、各種学校に入学した歳に祝い金としてある程度の金額を受取る事が出来ます。早い段階でこういった保険を購入しておく事で、月々の支払い額を小さくする事も出来ますので、貯蓄型保険として検討してみる事もいいかもしれません。こういった教育に関する融資や借り入れ等の貯蓄商品は世の中には多数ありますが、融資等に頼り切ってしまうと、自分自身や将来的には返済すべき子供が困る事になりますので、具体的にどの程度の割合を融資にして、残りの割合分を自分達で捻出しよう等の計画性を持ったプランを作成する事をお勧めします。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら