返戻率を利率換算する方法

 

 

近年、様々な保険商品が各種民間保険会社から発売されており、商品種類も多岐に渡ります。そんな保険商品の中でも、近年注目を集めているのが貯蓄型と呼ばれる保険商品です。公的年金の将来支給に対しての不安から、自分で貯蓄をしておく事のメリットを感じている人にとっては非常に有益な商品となりますが、各社取り扱う商品にも金額や利率には違いが有りますので、明確に金額を考える様にしましょう。
例えば、学資保険と呼ばれる子供を持つ親が子供の入学等のイベント時毎に祝い金として保険金を受取る事が出来る、貯蓄型保険の一つです。長期的に支払って行く保険になりますので、実際に支払った金額よりも少しでも上がる事が前提になっている商品が多いため、貯蓄をするよりも計画性を持って蓄える事が出来ます。しかし、十数年支払って行く実際の金額や元本がどの程度の利率がプラスされて返戻されるのかを、契約前に確認しておきましょう。近年の保険商品には返戻率が記載されている事が多いですが、実際に自分で計算する際には、自分がその商品によって受取る事が出来る総額を自分が支払う予定の総額で割る事で返戻される率を求める事が出来ます。これが銀行の金利よりも高いのであればよりメリットを享受出来ますので、金額面からもしっかりと事前に確認しておきましょう。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら