学資保険の返戻率とは

 

 

子どもの教育資金に不安を持っているという親が増えていると言います。
子どもを一人を社会人までにするのにかかる教育に掛かる費用は大学まですべて公立に進んだ場合で、
1千万円以上かかると言われています。
しかし、仮に地方から東京の私立大学に進学した場合は生活費なども含めて、
4年間で優に1千万を超えてしまうのは明らかですよね。
このような教育資金に備えて以前より人気なのが、学資保険です。
これは貯蓄と異なり、契約者である親に万一があっても、以降の保険料支払いが免除されるため、
目的である教育資金を確保することができます。
掛け捨てではなく、満期時保険金がもらえますので、貯蓄代わりに人気となっています。
また、所得税の生命保険料控除を受けることもできるという利点もあります。
それでは、どのような商品を選べばよいのでしょうか。
その際、一番注目すべきが返戻率です。
これは、支払った保険料に対して、満期時にいくら保険金がもらえるかというものを表す比率で
少なくとも100パーセントを超えるものを選びたいところです。
しかし、子どもの死亡補償や、通院補償を必要とされる場合には、返戻率が下がってしまいます。
純粋に学資確保のための貯蓄代わりとするのか、通院補償なども必要とするのか
ニーズにあったものを選ぶことが必要です。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら

学資保険の返戻率とは記事一覧

「返戻率(戻り率)」は、学資保険の契約者が支払う保険料の総額に対する、満期保険金と祝い金の合計金額が占める割合のことです。数値は百分率(%)で表され、計算方法は「満期保険金と祝い金の合計金額」を「払い込んだ保険料の総額」で割ったものに100を乗じたものとなっています。戻り率は高ければ高いほど貯蓄性の...

近年、様々な保険商品が各種民間保険会社から発売されており、商品種類も多岐に渡ります。そんな保険商品の中でも、近年注目を集めているのが貯蓄型と呼ばれる保険商品です。公的年金の将来支給に対しての不安から、自分で貯蓄をしておく事のメリットを感じている人にとっては非常に有益な商品となりますが、各社取り扱う商...

毎月支払っていき、15歳や18歳で満期を迎えるように設定し学資金とする学資保険ですが、これは所得税の課税対象になることをご存知でしょうか。一時所得と呼ばれるものになり、満期を迎えた年に確定申告が必要になります。しかしながら、たいていの場合は税金がかかることはありません。それというのも、一時所得の計算...

毎月学資金を積んでいき、15歳や18歳で満期をむかえるようにする学資保険。この学資保険、実はかなりお得なんです。それというのも、毎月同じ金額を預貯金に積んでいったと仮定すると15年間でいったいどれだけの利息がつくでしょうか。今の時代はものすごく利率が低いのでせいぜい数万円にしかならないのでないでしょ...

生涯での大きな支出として考えられる事として、子供の教育資金が上げられます。特に子供を数人抱えている家庭であれば、将来的な経済的不安はより大きなものでしょう。しかし、公的機関や民間機関から教育に関する資金は融資してもらう事が出来ますので、もし経済的な不安を抱えている人は一度検討してみる事をお勧めします...

生きて行く上で大きな資金を必要とすると言われている一つが教育関連資金ですが、多くの子供を持つ親にとっては非常に多額の資金を必要とし、入学する学校によっても必要となる資金は大きく変わって来ます。そして多額の資金を必要とする分多くの子供を持つ親が活用しているのが、二つの制度になります。まずは奨学金制度で...

人生の中で大きく、金額の大きな買い物といえば住宅や車等が頭に浮かびますが、子供を持つ親達にとっては子供の教育資金も一つの大きな出費となります。教育資金は子供の数に比例しますので、子供を多く抱える親にとっては将来への不安の一つになりえるかもしれません。小学校から大学までの入学金や授業料を考えると非常に...

人生の中でも大きな出費の一つと考えられているのが、教育資金です。そんな教育資金をまかなうために多くの親が子供の将来を考えて奨学金制度を活用する事は珍しくありません。私立大学ともなれば非常に多くの資金を必要としますので、日本学生支援機構による制度を活用し、卒業後に返済して行く事になります。しかしその日...

生涯の中で、住宅の購入や車の購入等多くの資金を必要とする買い物がありますが、子供を持つ親にとっての大きな支出として子供の教育資金が考えられます。子供を多く持つ人にとっては悩みの種の一つであり、長期的にかかる費用なので貯蓄に関しても計画性が必要になりますが、日本には教育資金のカバーが出来ない部分に関し...